柏の葬儀でご厚志お断りの場合は

柏でお世話になった人の突然の訃報。通夜に参列するために場所と時間を確認しようとしたら供花、供物はご辞退させていただきます。との友人の言葉が、とりあえず手ぶらで出かけたものの、参列者が受付で香典を渡しているのを見てびっくりしてしまった。


こんな経験をした柏の人は、いないでしょうか。

話題の最新柏で葬儀情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

葬儀では普段なじみのない言葉がたくさん使われます。意味をよく理解しないと、知らないうちにマナー違反を犯してしまうことも、少なくはありません。
供花、供物というのは香典とともに祭壇に供える物品や食べ物、花のことで花輪や果物の盛りかごが、それに当たります。


故人の霊を慰める意味と、祭壇などを飾る目的があり近親者やごく親しい間柄の人が送ることが、多いようです。


したがってこの場合は、香典だけを持っていくのが正解になります。



供物をする場合には線香や抹香、ロウソク、干菓子、果物あるいは故人の好物などを贈るようにします。


ただし線香や抹香は、仏式の葬儀だけのものになります。


キリスト教式では、白い花だけになりますので注意をしてください。



供花や供物を贈ったときでも、気を配って香典は持っていくことがことが一般的になっています。
贈り物が箱入りであれば、弔事用の包装紙で包んで、不祝儀の水引きをかけます。

表書きは御供物と書くのが通常です。
もしご厚志お断りと柏の葬儀で伝えられた場合は、供花や供物はもちろん香典も不要という意味です。参列者にとっては多少不安になりますが、何も送らないのが礼儀になります。