カトリックの葬儀が柏で行われた時の進行

キリスト教のカトリックの葬儀では、故人を神にゆだね永遠の安息を得られるように祈る儀式で、ミサと告別式が続けて行われます。

葬儀はたいてい故人が所属していた、柏の教会で行います。葬儀社はキリスト教の経験の豊かな業者を選ぶか、柏の教会に紹介してもらいます。

あなたに合った条件の柏で葬儀に関する情報満載です。

葬儀には式次第や葬儀で歌う聖歌の歌詞、祈りの言葉などを書いたプリントを用意して、会葬者に入り口で渡します。


葬式は棺が柏の教会に到着して安置されるまでの入堂式、聖書の朗読や説教の言葉の典礼、儀式の中心をなしている感謝の典礼、告別式の順番で行われます。感謝の典礼では、キリストの肉体と血になぞらえるパンと葡萄酒を遺族が奉納して、神父が感謝の祈りを捧げます。



次に祭壇に進み出た信徒が、神父からパンを拝領します。



この間聖歌が歌われます。

このミサの部分は死者の霊魂を扱うための、大切な儀式になっています。


告別式では神父による故人を追悼する説教があり、棺に聖水をかけ香をたきます。

最後に聖歌を合唱して献花、出棺へと続いていきます。

出棺は仏式同様に最後の対面があり、神父による出棺の祈り、聖書朗読、聖歌斉唱が行われて最後に喪主または遺族代表が、会葬者に向けてお礼のあいさつが行われます。

ミサに続く告別式は、遺族側の進行(葬式業者による進行)で行います。

告別式は聖歌斉唱、故人の略歴紹介、告別の祈り、弔辞、弔電紹介、会葬者による献花(献香)の順番で、行われていきます。